ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>熊本> 記事

城北 流れつかめず エース不調好機逃す

2008年08月04日

 春の忘れ物を取りにいくという思いは届かなかった――。3日の第2試合で、城北は宮崎商に1―7で敗れ、選抜に続いて初戦で姿を消した。春、夏ともに果たせなかった甲子園での1勝。「悲願」は後輩たちに託されることになった。

写真城北―宮崎商 5回表城北2死二塁、鶴は中前適時打を放つ。投手赤川、捕手永田

 ◎…初回、村方は上々の立ち上がりだった。最も警戒していた宮崎商の1番川上を左飛に打ちとり、三者凡退。2回も四球で先頭打者を出したが、次打者のバントを村方が素早く二塁に送球して封殺。攻撃の芽を摘み取った。

 だが、捕手の古庄誠は不安を感じていた。「球が高い」。いつもの低めに制球された球からは程遠く、打者のベルト付近に来ていた。何度もマウンドへ行っては「低めに、低めに」と声をかけた。

 3回、先頭打者に中前安打を許し、犠打で1死二塁。迎えたのは二回り目の川上。直球を狙われ、中前適時打を許した。タイムを取って一呼吸置いたが、2死二塁で迎えた4番にも適時二塁打を浴び、まさかの3失点。

 なんとかリズムを取りもどそうと、古庄誠はフォークやカットボールなど全球種を要求したが、キレがなく打ち返された。5回にも4連打され2失点。村方はこの回で降板した。古庄誠は村方と幼なじみのバッテリーで、その成長をずっと見続けてきた。試合後、「村方には、今までありがとうと言いたい」と語った。

 ◎…熊本大会でのチーム打率は3割5分4厘。選抜で完封された打線は迫力を増した。宮崎商のエースは140キロ台の速球を投げる左腕・赤川。バッティングマシンを145〜150キロにセットするなど速球対策を講じて試合に臨んだ。

 3点を追う5回、1死から8番樫本が三塁強襲の二塁打で出塁。1番鶴が中前適時打を放ち1点を返した。さらに、内野安打と四球で2死満塁と好機が続いたが、後続を断たれた。その後は、1安打に封じられた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る