ここから本文エリア

鹿実、粘りあと一歩 9回意地の2点弾

2008年08月14日

 8強の壁は厚かった。鹿児島実は13日、3回戦で報徳学園(東兵庫)に3―7で敗れた。6犠打飛と持ち前のつなぐ野球を見せたものの、甘い球を逃さない相手打線が上回った。4年ぶりに甲子園の舞台に戻った「鹿実」の夏が終わった。

写真鹿児島実―報徳学園 5回表鹿児島実1死一、三塁、福永の中犠飛で、三塁走者上坊が生還する。捕手糸井、次打者岩下(10)=細川卓撮影

 

    ◇

 鹿児島実は4、6回を除いて得点圏に走者を進めたが、得点につながったのは2度だけ。好機にあと一本が出なかった。

 3点をリードされた直後の3回には、先頭打者が四球で出塁。「打ちたかったけど、つなぐ野球を意識した」という森田が犠打で進めて好機を作る。四球などで二死一、二塁となり、岩下の中前安打で二塁走者が本塁を狙ったが、惜しくもタッチアウト。

 宮下監督は「自分たちの持ち味を出せた部分もあった。3回に1点が入っていれば、流れが変わっていたかもしれない」と残念がった。

 9回の攻撃では、森田が意地を見せた。1死二塁から思い切って振り抜くと、打球は左翼席に飛び込む2点本塁打。「最後かもしれないから、悔いのないよう(犠打で送った)3打席分の気持ちを込めた」と話した。

 

    ◇

 先発の岩下は初回、報徳打線を3者凡退に抑えて好調な滑り出し。だが、2回に盗塁を許した後に崩れた。高めの直球が報徳打線につかまり、連打やスクイズで3点を奪われた。

 その後も、追加点を許す苦しい投球だったが、8回2死三塁から全て直球で三振を奪うなど、最後まで気迫のこもった投球を見せた。捕手の湊崎は「岩下の最高の球だった」と評した。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る