ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>香川> 記事

香川西、高松商を破る 2年ぶり3回目の夏の甲子園

2008年07月24日

 第90回全国高校野球選手権記念香川大会の決勝が24日、高松市のサーパススタジアム(県営野球場)であり、香川西が高松商を破って2年ぶりに優勝、3回目の夏の甲子園出場を決めた。

写真優勝を決め、マウンド付近に集まり喜ぶ香川西の選手たち=24日、高松市のサーパススタジアム、合田禄撮影

 香川西が高松商の辰亥(たつ・い)をとらえたのは8回だった。7回までわずか3安打だったが、球が高めに浮いたところを逃さず先頭の高橋直が二塁打。犠打などで1死一、三塁として斎藤、松本の連打で勝ち越した。高橋直は再三走者を背負ったが、得意のスライダーでタイミングを外し1失点で切り抜け、7回から今大会初登板の芳山(よし・やま)が無安打に抑えた。岩上監督は「力のないチームが大会を通じてよく成長してくれた」と目を細めた。

 1946年創立の私立。サッカーも盛ん。普通科、衛生看護科などがある。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る