ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>岩手> 記事

甲子園踏みしめ 「開会式楽しみ」

2008年08月02日

 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で1日、第90回全国高校野球選手権記念大会の開会式のリハーサルがあった。晴れ渡った青空の下、2日開幕の大会に向けて、盛岡大付の選手18人は元気に芝生を踏みしめた。

 主将の伊藤巧君(3年)が岩手大会の優勝旗を手に先導。伊東昂大君(2年)のかけ声に合わせ、足並みや腕の振りをそろえて堂々と行進した。伊藤主将は「試合が楽しみになってきた。緊張もなく、開会式も楽しめそう」。沢田真一監督は「苦労してここまできたんだなと、改めて感動がこみ上げた」と感慨深げにスタンドから見守った。

 日程が順調に進めば、盛岡大付は第8日の第2試合(9日正午の予定)で、駒大岩見沢(北北海道)―下関工(山口)の勝者と対戦する。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る