ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>茨城> 記事

常総学院、大舞台胸張り行進 第3日、関東一と対戦

2008年08月03日

 さあ、甲子園本番――。2日開幕した第90回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高野連主催)で、常総学院の選手は約4万4千人の大観衆の前で入場行進し、スタンドの父母ら関係者から大きな声援が送られた。2年連続初戦敗退の雪辱を期し、大会3日目の第1試合で、関東一(東東京代表)と対戦する。

写真入場行進する常総学院の選手たち=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場

 南からの入場となった今年、常総学院は48番目に登場し、田中優次君の号令に合わせて行進した。前日夜、大阪市内の宿舎近くにある公園で、こっそりと練習したというだけあって、リズミカルに手足を振って歩いた。茨城大会の優勝旗を手に、3年連続で行進した飯田大祐君は「みんなリラックスして雰囲気を楽しめた」と頼もしかった。

 三塁側内野席ではそろいの帽子をかぶった父母らが、子どもたちの雄姿を見守った。飯田君の母、みち子さん(49)は「過去2年は肩のあたりをこわ張らせていたけど、今年は主将として大旗を持っていたせいかそれほど緊張していなかったみたい」と成長ぶりに目を細めた。

 鈴木朝也君の父、啓友さん(50)は「茨城大会の決勝でミスをしてしまい心配していたが、それほど尾を引いていないみたい。まずはヒットを1本打ってもらいたい」と活躍を願っていた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る