ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>群馬> 記事

桐生第一主将「参加でき感謝 全力を尽くす」 開会式

2008年08月03日

 2日に開幕した第90回全国高校野球選手権記念大会の開会式で、桐生第一の選手18人は群馬大会の優勝旗を持った鈴木佑太主将(3年)を先頭に、45番目に入場した。鈴木主将は「あこがれの甲子園で、開会式に参加できてうれしかった。出場できることに感謝し、いただいたチャンスを無駄にすることなく、全力でプレーしたい」と話した。

写真入場行進する桐生第一の選手たち=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場

 ベンチ入りメンバー以外の部員11人は、一塁側スタンドから入場を見守った。波多野剛大君(3年)は「大きな拍手で迎えられて安心しました」と胸をなでおろしていた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る