ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>福島> 記事

悠々と自然体 聖光学院、入場行進

2008年08月03日

 第90回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高野連主催)が2日開幕し、聖光学院の選手18人が兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で入場行進をした。沖縄県代表の浦添商から数えて48番目に登場。黒羽剛広主将(3年)を先頭に岡崎航(わたる)副主将(同)のかけ声のもと、一歩一歩甲子園の土を踏みしめた。

写真入場行進する聖光学院の選手たち=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場

 スタンドから見守った斎藤智也監督は「自然体で悠々としていて、一体感があった」。ベンチ入りはかなわなかったが、打撃投手としてチームを支える大橋慶太君(同)は「福島大会の時と変わらず、リラックスしたいい行進だった」と話した。

 スタンドには選手の保護者ら約20人の姿も。有松洋一郎副主将(同)の父洋さん(50)は「緊張していると思うが、引き締まったいい表情だった」。菅野修平中堅手(同)の父喜義さん(55)は「1回来るだけでも大変なのに4季連続なんて本当に信じられない。試合で悔いのないよう精いっぱいプレーしてほしい」とエールを送った。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る