ここから本文エリア

堂々勝負ただ1球に涙 関東一先発・押久保投手

2008年08月15日

<東東京代表 関東一> 押久保昂汰投手(2年)は1球に泣いた。

写真浦添商―関東一 関東一先発の押久保=細川卓撮影

 7回、2死満塁のピンチ。下手から投げ込んだ外角へのスライダーが、力んで真ん中高めに入った。「投げた瞬間、やばいと思った」。タイミングを合わされ、打球は三遊間を抜けた。2者が生還しこれが決勝点となった。

 甲子園初先発は、試合の朝に告げられた。「浦添商打線は押久保のような変化球に弱いと思った」(米沢監督)

 ゆっくりとしたフォームからカーブ、シンカー、スライダーを左右に投げ分ける。打者は、なかなか球が来ないから打ち急いでしまう。「投球を4拍で数えると、イチ、ニーーー、サン、シって感じ」。打者を惑わすこの投球で、浦添商の強力打線を前に、堂々と投げ込んだ。

 草野球チームの投手の父親にあこがれ、野球を始めた。小3から投手だった。

 変化球で勝負すると決意したのは、シニアリーグにいた中2のころ。背は思ったほど伸びず、体重も軽かった。「腰の回転が強いのを生かそう」と横手投げに転向し、中3ではエースとして全国大会で8強入りした。

 下手から投げる独特の変則投法になったのは高1の夏。米沢監督の助言で、ヒジの位置を上下させ、いかに相手が打ちづらくなるか研究した。「最初は、見える世界がすべて斜めになって慣れなかった」。だが、体の柔らかさも生きて投球が冴(さ)えるように。春の選抜でも登板。夏の東東京大会では強打者ぞろいの帝京に完投勝利をした。

 この日も「冷静に丁寧に投げられたと思う」。それだけに7回の1球を悔やんだ。「気持ちで相手に負けてしまった。あの1球で先輩たちとの甲子園が終わってしまった」。背番号14は声を詰まらせた。(川崎紀夫)


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る