ここから本文エリア

報徳、全員野球で8強

2008年08月14日

 サヨナラ勝ちを重ね、自信にあふれたチームが上昇気流に乗った。東兵庫代表の報徳学園は、鹿児島代表の鹿児島実を破って8強入りした。先制し、取られても取り返して試合の主導権を離さない試合巧者ぶり。次の準々決勝の日程と相手は、14日にある抽選で決まる。

写真鹿児島実―報徳学園 7回裏報徳学園1死二塁、走者西郷は井上の右前適時打で捕手湊崎のタッチをかいくぐって生還する=金川雄策撮影

    ◇

 近田怜王投手(3年)は制球にとても苦しんだ。与えた四死球は8。4回と6回を除くと毎回得点圏に走者を背負った。投球自体は「この3試合で一番満足できない内容」と近田。それでも要所を締めて3失点と粘りの投球を見せた。

 10日の智弁学園戦で、糸井慎太朗捕手(3年)から変化球を要求されて何度も首を振り、直球主体に力で押した。その結果、11安打を浴び、9回表2死から2点差を追いつかれた。好プレーを連発する仲間に「自分だけ勢いに乗り遅れている」と感じていた。

 12日に糸井から「勝とうな」と一言だけ声を掛けられた。「自分のためじゃなく、チームが勝つために投げよう」。エースの自覚を取り戻した。この日、糸井のサインに首を振ったのは1回だけ。三振狙いで要求された直球のサインに対し、スライダーを選んで二ゴロに打ち取った。

 9回表1死二塁から本塁打を浴び、智弁学園戦が頭をよぎった。「冷静になろう」とつぶやき、夜空を仰いで深呼吸した。次打者は右飛にうち取り、最後は3球三振。試合を終えても、エースの顔は引き締まったままだった。

 直球で押す自分の投球をしたいという思いはあるが「ピンチをしのいで、チームに貢献できた。その点は3試合で一番満足できる」と言い切った。「今はチームの目標、全国制覇が最優先。やっとチームの勢いの輪に加われた気がする」

    ◇

 打線は全員が力を発揮し、つながり始めた。

 2回裏1死から左前安打で出た近田が二盗成功。ノーサインだった。打席の氏家大輔一塁手(3年)は「なんで走るんだ」とあっけにとられた。そして、近田の意気込みを感じた。「こっちが助けたろ」。直球を引っ張って左前安打で続き1死一、三塁。

 続く中村裕介左翼手(3年)は「つないで、いい形になっている」と思った。内角寄りの直球を気迫で振り抜き、右翼手の頭をライナーで越える二塁打。近田が本塁を踏んで先制点を挙げた。

 次の8番打者、中川将志右翼手(3年)にはスクイズのサインが出た。「ここでしっかり決めよう。おれの役目だ」。1―2からの4球目。低めの球に倒れ込みながらのバントで球を一塁方向に転がし、三塁走者の氏家を本塁に迎え入れた。

 中川は毎日、全体練習後にバント練習を30〜50球重ねてきた。バッティングセンターでも、毎日のようにバントの練習をしてきた。「いつでもできる準備をしてきた。緊張もしなかった」。続く籾山雄斗遊撃手(2年)も適時左前安打で続き、スクイズと4安打で3点をあげた。

 この試合で井村貴敏二塁手(3年)と西郷遼平三塁手(2年)の1、2番コンビも甲子園初安打を放ち、チームで12安打。本調子ではないエースを打線が強力に後押しした。

    ◇

 4番打者、井上貴晴中堅手(3年)の勢いが止まらない。1回戦でサヨナラ本塁打、2回戦で2安打1打点。この日は3安打がすべて適時打で3打点を挙げる勝負強さを見せた。「近田が頑張っていた。何とか打線も頑張りたかった」

 ビデオを見るなどして相手投手の配球をチームで分析。この日は直球を狙った。5回裏2死一塁から直球をはじきかえし、左中間を破る二塁打。相手投手が緩急をつけてきた7回裏1死二塁の場面では、変化球を右前へ運んだ。守りでも、3回表に本塁をねらった二塁走者を好返球でアウトにし、「本当に良い形で野球ができている」と声を弾ませた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る