ここから本文エリア

五島監督「先制許さず接戦しのぐ」 智弁和歌山と対戦

2008年08月09日

<東千葉代表 木更津総合> 木更津総合は9日の第4試合で選抜8強の智弁和歌山と対戦する。選手らは8日、大阪府吹田市内のグラウンドで練習を行い、打撃や守備で試合前の最終確認を行った。五島卓道監督は「初戦より打撃力、投手の調子ともに上がっている」。両監督の意気込みや見どころなどを紹介する。

写真グラウンド近くの陸上競技場で身体を動かす木更津総合の選手たち=8日、大阪府吹田市円山町
写真木更津総合の五島卓道監督

 試合を前に、智弁和歌山の高嶋仁監督と木更津総合の五島卓道監督に話を聞いた。

――相手校の印象は

 高嶋監督 負けない野球をやってくるという印象。バッテリーがいい。

 五島監督 中軸はもちろん、それ以外でも点が取れる。投手の岡田君は1年から甲子園で投げているなど、経験豊富なチームだ。

――今のチーム状況は

 高嶋監督 バットも振れている。気持ち、体調、どちらも徐々に上がってきた。

 五島監督 1試合目はまだかたさがあり、思い切って走るなど持ち味が出し切れなかったが、ようやくこの雰囲気にもなれたと思う。

――予想する試合展開は

 高嶋監督 相手は投手が良いので2―1、3―2くらいの接戦になるのでは。序盤から得点して逃げ切る。

 五島監督 うちの投手陣と智弁打線の対決だろう。打たれても先取点をあたえないように、接戦をしのぎたい。

――相手チームの注目選手は

 高嶋監督 田中投手。スライダーのキレが抜群。ストライクゾーンからボールになる球を見極めないと厳しい。捕手地引君のリードもいい。

 五島監督 打線は全員手ごわいが、やはり坂口君だ。彼にはずっと同じ球で勝負しても難しい。常に攻めていかないといけない。

――意気込みは

 高嶋監督 関東チャンピオンと試合ができるのは楽しみ。こういう強豪を一つ一つ倒していかないと甲子園では勝ち抜くことができない。

 五島監督 いい試合をして、できれば勝ちたい。相手の経験に負けず挑戦したい。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る