ここから本文エリア

木更津総合8回一気 県勢、3年ぶり夏の勝利

2008年08月03日

 息詰まる投手戦を制し、勝ち取った甲子園の一勝。夏の甲子園が開幕した2日、木更津総合は、鳥取西(鳥取)に6―1で勝った。県勢としては3年ぶりの夏の勝利。2回戦は9日第3試合で智弁和歌山(和歌山)と対戦する。

写真鳥取西―木更津総合 8回裏木更津総合2死満塁、岩崎の左前適時打で三塁走者田中(中央)と二塁走者高田(後方)が生還。捕手小宮山(2)

 木更津総合の五島監督は鳥取西との対戦を「難しい試合展開だった」と振り返った。序盤に流れをつかみ損ねて苦しんだが、終盤、再び訪れた好機を逃さなかった。

 田中と鳥取西の鈴木。両投手の投げ合いとなり、7回までに田中が10、鈴木が8の奪三振。投球の7割超がスライダーだった田中に対し、鈴木は、木更津総合打線の予想を上回る球威を持つ直球が主体だった。

 木更津総合は8回、地引の二塁打で好機を作ると、荒川と宮田が外角の球をよく見て四球を選び1死満塁とし、杉崎の中前適時打で2点を加えた。この回、打者一巡の猛攻で計5点を挙げ、鳥取西を突き放した。

 木更津総合は1回に先制した後、鈴木の直球をとらえきれず、4回には1死満塁の好機にスクイズ失敗。直後に小畑の本塁打で追いつかれる悪い流れだった。田中が中盤に粘りの投球を見せ、8回に地引が捕邪飛を好捕し、その後の大量得点につなげた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る