ここから本文エリア

東邦ユニホームを新調 大府「赤星スパイク」で一歩

2008年08月03日

 第90回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高野連主催)が2日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。大府、東邦の東西両愛知代表の選手たちも、開会式で堂々の行進。今大会に向けて新調したユニホームを着て、待ちに待ったあこがれの舞台で、はつらつとした姿を披露した。

写真入場行進する東邦の選手たち
写真入場行進する大府の選手たち=いずれも兵庫県西宮市の阪神甲子園球場

     ◇

 開会式は午前9時から始まった。まず入場したのは西愛知代表の東邦。選手たちは、優勝旗を手にした山田祐輔主将(3年)を先頭に「イチ、イチ、イチッニ」と声を合わせた。森田淳也君(3年)は「緊張しなかったけど、人の多さに驚きました」と笑顔を見せた。

 続いて東愛知代表の大府が登場。選手たちは1日夜と2日朝、ホテルの玄関前で行進の練習をしてきただけあって、手足の動きがきれいにそろった。

 全選手が履いた真新しいスパイクは、OBでプロ野球・阪神の赤星憲広選手からのプレゼント。松村忠君(3年)は「赤星さんがくれたスパイクで入場できて気持ちが良かった。とうとう始まったかとワクワクしています」と興奮気味に話した。

 スタンドでは両校の部員がグラウンドの仲間を見守った。大府の野下晃輝君(同)は「みんなの動きがリハーサルよりきびきびした感じで頼もしく見えた」と話した。

 開会式後、東邦は兵庫県明石市のグラウンドで、大府は堺市のグラウンドで、いよいよ始まる初戦に向けて汗を流した。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る