ここから本文エリア

晴れ姿楽しみ 大府、東邦が甲子園で開会式リハーサル

2008年08月02日

 2日に阪神甲子園球場で開幕する第90回全国高校野球選手権記念大会(朝日新聞社、日本高野連主催)の開会式リハーサルが1日午前、行われた。大府、東邦の両代表校の選手たちは胸を張ってグラウンドを行進。スタンドから見つめる部員やマネジャーはちょっぴりうらやましそうに仲間の晴れ姿を見つめていた。

写真リハーサルを見守る大府の部員たち=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場
写真東邦のプラカードが目に入ると、笑顔を見せたり携帯電話やカメラで撮影したりする部員たち=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場

 リハーサルは午前9時から開始。続々と登場する全国の強豪に交じり、大府の選手がライトスタンド下のゲートから姿を見せると、スタンドで見守っていた部員らは「あいつら、緊張しているな」などと、笑顔で見つめていた。櫛田佳和君(3年)は「みんなが堂々としていて感動した。いよいよ始まる。ドキドキします」と話した。

 一方の東邦も、バックスクリーンの電光掲示板に「東邦」の名前が浮かぶと、部員たちとマネジャーは「来たぞ、来たぞ」と身を乗り出し、カメラや携帯電話で仲間の様子を撮影していた。マネジャーの服部紗世子さん(3年)は「ただ、すごいと思う。みんなしっかりして見えました」。

 大府、東邦の両代表校とも、リハーサル後はそれぞれ兵庫県西宮市の練習グラウンドで練習し、初戦に備えた。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る