ここから本文エリア

第90回全国高校野球選手権記念大会

甲子園だより

著者紹介

神田憲行

(かんだ・のりゆき)

1963年、大阪生まれ、ノンフィクション・ライター。大会終了後に発売される週刊朝日増刊「2008 甲子園Heroes(ヒーローズ)」(朝日新聞出版刊)の取材のため、 期間中は甲子園通いの日々を過ごす。甲子園取材歴は14年連続15年目。鳥居みゆきの「ヒットエンドラーン」が聞こえてくると一緒にやりたくなる。2死満塁カウント2―3で二塁に牽制する野球が好き。著書に『横浜vsPL学園』(共著、朝日文庫)、『97敗、黒字。』(朝日新聞社刊)、『八重山商工野球部物語』(ヴィレッジブックス)など。撮影機材はリコーのGX200

ご意見・ご感想

甲子園だよりについてのご意見・ご感想をお寄せください。

別ウインドウで開きますこちらをクリック

常葉、最後まで戦う  08月19日

写真

 意外な展開でしたね。17点差というのもありますが、常葉菊川が完封されるとは。常葉菊川にとって厳しい展開になりましたが、9回、2年生の萩原投手と交代して戸狩投手がレフトからマウンドに戻ってきたとき、萩原選手の背中を励ますようにポンポンと叩いていたのに救われた思いです。

 8月15日のこのコラムで書いた大阪桐蔭・萩原選手をこの試合でもずっと見ていました。タイムリーを打っても、本塁打を打ってもガッツポーズはなし。やっとガッツポーズをしたのが、最後に一塁の守備でウイニングボールを取ったときです。そのままマウンドの優勝の輪に加わるのかと思いきや、あれれ、一・二塁間のあたりで後ろを向いています。そしてライトの奥村選手が走ってきたのに合流して、マウンドの輪に加わりました。

 萩原「9回の守備につく前に奥村に『最後の瞬間にライトからマウンドに走ってくるのに遅れるなよ』と言ったら、奥村から『お前が待っとけ』と言われたんで、待っていました」

 奥村「ちゃんと待っててくれました(笑)」

 萩原選手、最後まで礼儀正しかった。

 点差は開きましたが、常葉菊川の選手たちは最後までプレーに気を抜かなかったことを、記憶してあげてください。

【写真】今年の開幕前に撮った写真です。また、来年お会いしましょうという意味で!



このページのトップに戻る