ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>青森> 記事

青森山田 8強かけ、14日慶応戦

2008年08月14日

 さあ、3回戦。青森山田は14日第2試合(午前11時開始予定)で慶応(北神奈川)と対戦する。慶応は2人の好投手を擁し、打線も破壊力があるチームだ。青森山田は9年ぶりのベスト8入りを果たせるか。(石川瀬里)

 慶応の投手陣は、左腕田村と右腕只野の二枚看板。高岡商(富山)との2回戦では田村、只野が完封リレーを演じた。田村はキレのあるスライダーが武器で、只野は直球に加え、シンカーやカットボールなど多彩な変化球を持つ。

 この2投手を、青森山田打線が打ち崩せるか。

 青森大会で約4割のチーム打率を記録した打線は、甲子園の2試合で計8安打。チーム打率は1割6分3厘と不振にあえいでいる。「点が取れないなら、足でかき回すしかない」(渋谷良弥監督)。慶応戦では、バントや盗塁など足をからめて揺さぶりをかけ、失策を誘い接戦に持ち込みたいところだ。

 大阪入りしてからは、1日2時間しかない割り当ての練習時間を打撃中心に行ってきた。まだヒットがない4番斎藤樹は「2回戦の、最後の右飛はバットが振れていた」と自信を取り戻しつつある。

 一方、慶応打線は2試合平均でチーム打率3割2分4厘と、波に乗っている。打線に切れ目はなく、4番鈴木裕の長打力も光っている。下位には、今大会7打数5安打2打点と勝負強い溝口がいる。

 2試合を完投したエース木下が、慶応打線をどう封じ込めるかが最大のポイント。

 木下は「自分の生命線は内角の直球。気持ちでは誰にも負けないと思って投げている」と話す。2試合で15安打を浴びたが、計1失策の堅守に支えられた。

 渋谷良弥監督は「勝負のカギはやはり木下。だが、一にも二にも、もっと打ってくれないと」。13日は聖光学院(福島)がベスト8進出を決めており、「同じ東北勢として負けていられませんね」と話した。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る