ここから本文エリア

現在位置:高校野球>第90回選手権>秋田> 記事

直球勝負で英雄体現 本荘・片村玄徳選手

2008年08月05日

<秋田代表 本荘> 「打たれてもいいからしっかり投げろ!」。初回、捕手の片村玄徳君(3年)は、制球に苦しむマウンドの池田恭介君(同)に声をかけた。

写真9回裏、ピンチに池田恭介投手に声をかける片村玄徳捕手

 名前は三国志の英雄、劉備玄徳に由来する。相手の裏をかくリードが持ち味だ。この日も鳴門工の直球狙いに気づくと、4回からスライダー主体の配球に変え、試合巧者の鳴門工につけ入るすきを与えなかった。

 逆転した最終回。決め球のスライダーが外れ、再び直球を狙われた。同点に追いつかれ、さらに1死満塁。池田君の表情は強気のままだった。「恭介は変化球より、まっすぐを投げたがっている。最後は直球で勝負」。外角低めにミットを構えた。しかし池田君の球は真ん中に。鋭い打球が左翼手の頭上を越えた。

 「悔しいです……」。片村君はロッカールームで目を真っ赤にして話した。この試合で3安打を放つなど英雄の名に負けない活躍をしたが、勝利は目前で逃げた。

 「来年こそ、甲子園で勝ってほしい」。夢を後輩に託し、甲子園をあとにした。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る