検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 第88回選手権 > 全国大会 > 南北海道 > ニュース > 記事ここから本文エリア

「3連覇」の重圧と格闘 主将の本間君

2006年08月22日

 あと1点にまで迫った。9回無死。本間篤史主将(3年)はゆっくりと打席に向かった。

 「なんとかして塁に出る」。直球で2ストライクまで追い込まれた。

 頭には6回に空振り三振したスライダーの球筋が残っている。そのスライダーが来た。それでも、バットは空を切った。コースは見逃せばボールとなる外角低めだった。

 昨夏も4番打者として連覇の原動力になった。今年はチームの中核として、多くの困難を乗り越えきた。甲子園入りの直前には、田中投手から主将の大役も引き継ぎ、「3連覇」の重圧と戦い続けた。

 この日は4打数3三振。4番として、主将として責任を感じた。涙があふれた。

 そっと寄ってきた田中投手がそっと声をかけてくれた。「泣くな。胸を張っていけ」

ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.