検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 第88回選手権 > 全国大会 > 鹿児島 > ニュース > 記事ここから本文エリア

代打の切り札、笑顔で去る 今吉晃君「しゃー」

2006年08月20日

 大歓声はしっかり耳に届いていた。4点を追う6回2死二塁、鹿児島工の今吉晃が打席に立つ。いつも通り「しゃー」と雄たけびを上げた。

写真

鹿児島工―早稲田実 6回表鹿児島工2死二塁、代打で登場するが三振に終わり声を出す今吉晃=8月19日

 鹿児島大会からすべて代打出場で、9打数7安打。打つと味方が活気づく。準々決勝での内野安打は同点への足がかりになった。打つだけではない。攻撃前の円陣やピンチでの伝令では、五厘刈りの頭を触らせる。みんなの肩から力が抜け、幾多の危機を救ってきた。

 早稲田実・斎藤もその存在を意識していた。「今吉君に打たれると一気に流れが動く。彼だけは三振を狙いました」

 3ボールからの4球目を振ってファウルにする。「四球では流れが変わらない」。続く直球は手が出ず、2―3に。次の145キロは高めのボール球だったが、「矢のような球に手が出た」。三振。クールな右腕まで、珍しく雄たけびを上げた。

 鹿児島弁でいう「ぼっけもん」だ。「向こう見ず」「とぼけたやつ」という意味だが、親愛の情を込めて使われる。

 愛される理由がある。昨秋、腰を疲労骨折。正選手の夢は絶たれたが、練習では一番に声を出した。投手のマッサージ役を買って出た。小学校から一緒の今吉健は「みんな努力を知っているから、あいつがムードメーカーなんです」と語る。

 敗戦後も笑顔を絶やさず、斎藤に「優勝しろよ」とエールを送った。わずか6球。それでも「今まで生きてきた中で、一番楽しい打席でした」。

ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.