検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 第88回選手権 > 全国大会ここから本文エリア

夏の甲子園 全国大会代表MAP

早稲田実が駒大苫小牧を4―3で破り、悲願の初優勝。球史に残る決勝再試合で、全国4112校の頂点に立った。[詳細]

[詳報] 激闘決着 早実4―3駒苫
熱戦をフォトギャラリーで振り返る
[詳報] 延長15回引き分け試合
日本地図
日本地図

全国大会ナビ

代表校紹介代表校紹介  日程と結果日程と結果  組み合わせ組み合わせ  最新試合速報最新試合速報  日付別写真特集日付別写真特集  学校別写真特集学校別写真特集

写真
優勝を決め、斎藤(1)を中心にマウンド付近で喜ぶ早稲田実の選手たち[詳細]

感動をもう一度

「生まれて初めてヒット打ったの」
「生まれて初めてヒット打ったの」
母は、いつもと違う様子に気がついた。人ごみのなか、黒革の野球部のバッグをさげて歩いてくる娘は、満面の笑みを浮かべていた。
スタン・ハンセン氏、体罰を語るスタン・ハンセン氏、体罰を語る
プロレスラーになる前、中学教師をしていた。騒いでいた男子生徒の尻を棒でたたいたこともある。疑問を持たなかった。しかし…
ヘッドスライディング男の原点ヘッドスライディング男の原点
甲子園を逃したあの夏、全力を出し切っただろうか。プロは厳しかった。悔しさが亀山を奮い立たせた。
強い?弱い?大阪野球 強い?弱い?大阪野球
抜け目ないインサイドベースボールに緩みか。「宿敵」横浜高の渡辺監督がズバリ指摘。
オレの魔球だ「どりゃー!」オレの魔球だ「どりゃー!」
監督直伝、名はライアーボール。「投げるとき、必ずほえろ」、これが奥義だ。
仲間がいた、部ができた仲間がいた、部ができた
「これがユニホームだ」。格好良かった。手渡された野球帽がいとしくて、なで続けた。
早実エースを支え続けた兄早実エースを支え続けた兄
兄弟で部屋を借りた。親代わりに弟の世話を焼いた兄。何よりも「甲子園に行けなかった夢を、弟にはかなえてほしかった」。
仲間がいた、部ができた最後の球は決めていた
マウンドで、早実のエース斎藤佑樹君は右足で10回ほど土を固めた。次の1球で終わりにする。感謝の意味を込めた。

高校野球コラム

甲子園だより
幸せの青いハンカチ
 斎藤投手には、敬服いたしました。 (08/22)
球児を追ってエースになって戻ってこいよ
 「甲子園はいつも以上の力を引き出してくれるところだった」。 (08/22)
熱戦ハイライト早実、鉄腕伝説 斎藤投手「最後に田中君に勝てた」
 早稲田実の斎藤は、こみ上げるものをこらえられなかった。 (08/22)
アルプスに響け〜夏の仲間にありがとう〜この決勝は財産になる。きっと 尾藤公×山下智茂
 <尾藤> 前日、15回が終わって、駒大苫小牧、早稲田実の両チームの選手がみんな、ホッとしていたのが印象的だった。 (08/22)

写真

写真

写真



ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.