検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 第88回選手権 > 全国大会 > アルプスに響け > 記事ここから本文エリア

アルプスに響け〜夏の仲間にありがとう〜

ひたむきさ、こっちが勉強に 小池秀郎さん(元プロ野球選手)

2006年08月20日

 中学の時に中京(現・中京大中京)の試合を見にアルプス席に来て以来。でも、あの時は周りの歓声に驚いちゃって試合を見る余裕なんてなかったから、ちゃんと甲子園の試合をみるのは初めてかな。

 智弁和歌山と駒大苫小牧。準決勝まで来たチームとあって、さすが。犠打はしっかり決めるし、監督のサインの意図を選手は把握している。みんな野球を知っていて、どうすれば試合に勝てるか課題を持ってやっている。僕らの時代に比べてレベルが高いね。

 僕にとって甲子園は夢のまた夢だった。進学した長野・信州工(現・武蔵工大二)はとにかく練習が厳しかった。夏は1日、正月は2、3日ぐらいしか休みがなくて、とにかく暗くなっても走らされた。

 3年夏の長野大会2回戦。朝飲んだ生卵でおなかを壊してしまい、打たれて負けた。悔しかったけれど、どこかもう終われるって気持ちの方が大きかったかな。甲子園に行こうというより、今思えば早く終わりたかったんですね。

 初めて、甲子園のマウンドに上がったのは、00年の中日時代の阪神戦で先発した時。ベンチから、あのマウンドに向かう時、高校生って、こういうわくわくした気持ちで上がるんだって思った。やっぱり甲子園ってどこの球場とも違うオーラをもっている。プロ野球とは応援の仕方は違うけれど、アルプスが一体となって応援がマウンドに集中する。

 駒大苫小牧は3連覇を狙うチームだけあって、野球がうまい。相手のミスを確実にものにする。それに体がでかいね。高校時代の自分だったら確実に打たれているかもしれない。

 第2試合に登場した早稲田実の斎藤くんのクールさはどこから出ているんだろう。表情一つ変わらない。大阪桐蔭戦で中田くんを1打席目に三振にとってベンチに帰るとき、笑ったでしょ。あれはホッとした笑いじゃなくて自分の方が実力が上だと思ったんだろうね。ひたむきさ、勝ちたい気持ち、こっちが勉強になる。

 智弁和歌山は負けてしまったけれど、甲子園の常連校。これからも頑張って欲しい。後輩に残してあげるものがあれば、勝てなくても、それはそれでいいんだと僕は思う。

 高校野球は野球の原点。初めて厳しいことを経験し、いろんなことを覚える年代。だからこそ頑張って欲しい。僕も、高校時代があったからこそ、今まで野球を続けてこられた。

 高校の時、もっと本を読む時間をつくっておけばよかったと反省している。だから球児には言いたい。今は決して戻らないから、今やっていることを大切にして欲しいと。

    *

 こいけ・ひでお 元プロ野球選手。亜大時代の90年春、シーズン最多の111奪三振の東都大学リーグ記録を樹立。同年秋のドラフトで史上最多タイの8球団の1位指名を受けたが松下電器へ。92年に近鉄から1位指名を受けて入団。97年に最多勝を獲得するなど、通算309試合で51勝47敗をあげた。現在は社会人野球のNOMOベースボールクラブ所属。37歳。

ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.