検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 第88回選手権 > 全国大会 > 球児を追って > 記事ここから本文エリア

球児を追って

黙々と素振り、快進撃導く 駒大苫小牧・本間篤史主将

2006年08月18日

 「任せた」

写真

駒大苫小牧の本間篤外野手

 本間篤史主将(3年)は力投を続ける田中将大投手(3年)から一声かけられ、「絶対打たなきゃ」と打席に入った。6回1死二塁。走者が返れば同点に追いつく。

 「高めのボール球に手を出さない」。この回の攻撃が始まる前、香田誉士史監督からの指示を、もう一度確認。外角低めを振り抜くと、三塁強襲のタイムリーヒットになった。

 チャンスは必ず巡ってくると信じていた。2回から5回まで三者凡退が続いても、6点差をひっくり返した青森山田戦が自信になっていた。

 甲子園入りの直前、田中投手から主将を引き継いだ。優勝候補だけに重圧がかかる。だが、移動のバスでも掛布雅之さんのものまねで周囲をなごませ、試合中の円陣でも皆を笑わせる。

 ひょうきんな性格の裏側で、中学時代に指導した原田岸雄さんは、不振になると黙々と素振りを繰り返す本間選手の姿が目に焼き付いている。「そこまでやるかというぐらい、納得するまでやる子だった」

 昨夏は2年生で4番を務めたが、甲子園では不振を極めた。「三振ばっかりで悔しい思いをした」。以前はフォームだけを意識していた素振りを、「変化球が来たらこう打とう」とイメージするようになった。今年は、これまでの3試合すべてで打点をマークし、主軸の役割を十分に果たしている。

 179センチ、88キロのどっしりした体でよく走る。ヘッドスライディングするから、いつもユニホームは泥だらけだ。その姿勢が快進撃を続けるチームを引っ張っている。

 あと2勝。

 「一度も負けずに夏を終えられたら最高ですね」(古城博隆)

ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.