検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 第88回選手権 > 総合ニュース > 記事ここから本文エリア

高校野球総合ニュース

石原知事「実に痛快」 早稲田実がV報告

2006年08月24日

 第88回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)で決勝再試合を制した早稲田実(西東京代表)の選手たちが24日、都庁に石原慎太郎知事を訪ね、全国制覇の報告をした。

写真

都庁を訪れた早稲田実の斎藤投手の右肩を触る石原都知事=24日午後

 石原知事は祝いの言葉の後、「やっぱり試合ってのは勝たなきゃだめだ。(駒大)苫小牧は悔しいだろうけど、実に痛快でした。東京だけでなく日本全体に夢を与えてくれて感謝します」と述べ、黒いバットに「一打入魂」とサインをして記念に贈った。

 石原知事は斎藤佑樹投手に「肩痛めなかった」などと問いかけながら腕に触れ、「良い筋肉しているよ」と終始ご満悦だった。

ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.