検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 第88回選手権 > 総合ニュース > 記事ここから本文エリア

高校野球総合ニュース

早稲田実、4―3で駒大苫小牧下し悲願の初優勝

2006年08月21日

 第88回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高野連主催)第16日の21日、決勝戦再試合で駒大苫小牧(南北海道)と早稲田実(西東京)が対戦、早稲田実が4―3で勝利し、27回目の出場で初優勝を果たした。

写真

優勝を決め、斎藤(1)を中心にマウンド付近で喜ぶ早稲田実の選手たち=21日午後、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で

写真

駒大苫小牧―早稲田実 9回表駒大苫小牧無死一塁、中沢は中越えに2点本塁打を放つ

写真

駒大苫小牧―早稲田実 7回裏早稲田実2死二塁、二塁走者川西は後藤の適時打で生還。捕手小林

写真

駒大苫小牧―早稲田実 2回裏早稲田実2死二塁、二塁走者内藤は川西の適時二塁打で生還。小柳(5)に迎えられる

 早稲田実は1回、2死一、三塁から船橋の適時打で先制し、2回にも川西の適時二塁打で1点を追加。6回、7回には、四死球で得た好機を生かして加点した。準々決勝から4連投の先発・斎藤は、140キロを超える速球と鋭い変化球で13三振を奪い、無四球で完投した。

 駒大苫小牧は6回、三谷のソロ本塁打で1点を返した。9回には中沢の2点本塁打で1点差に迫った。主戦の田中は、先制を許した直後の1回2死一、二塁から登板し、後続を断った。その後も連打を許さず投げ続けたが、史上2校目の大会3連覇はならなかった。

    ◇

 ○和泉実監督(早稲田実) 88回待った、その歴史で勝てた。(斎藤の4連投を)心配しているが、彼の力、彼を守るみんなの力が最後に勝った。僕は最大の応援団でしかなかった。選手には本当に敬服する。

 ○斎藤佑樹投手(早稲田実) (王貞治・ソフトバンク監督、荒木大輔・西武コーチら)大先輩もできなかったことを今、自分たちが成し遂げられたことがうれしい。仲間を信じてずっとマウンドを守ってきた。応援してくれたすべての人に感謝したい。(駒大苫小牧の田中将大投手は)自分たち世代で最もいい投手だが、自分も負けないようにと頑張った。

ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.