検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 第88回選手権 > 総合ニュース > 記事ここから本文エリア

高校野球総合ニュース

パワー増本塁打量産、四死球・失策目立つ 大会振り返る

2006年08月22日

 第88回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高野連主催)は21日、閉幕した。恐るべき体力、知力に精神力。早稲田実・斎藤の全身に蓄えたエネルギーに驚かされた。決勝再試合を含め4連投ながら、終盤も直球は140キロを超し、スライダーの切れも衰えなかった。

 選抜で横浜に完敗。悔しさを胸に、フォームを改良し修練を重ねた成果。繊細かつ大胆な投球で7試合を投げ抜いた。

 駒大苫小牧の73年ぶりの3連覇があと一歩で途切れた。とはいえ、3年近く、高校球界をリード、全国の目標とされながらはね返してきた。粘り強さと集中力は見事だった。青森山田、東洋大姫路戦の逆転劇などチームに「心の強さ」が備わっていた。香田監督の指導のたまものだ。

 早稲田実の快進撃、静岡商ら古豪の復活にオールドファンが熱狂。一方で、初出場の鹿児島工のけれん味ない戦いぶりが印象深い。地方の公立校でも工夫と情熱次第でやれることを示した。

 強打を前面に押し出した智弁和歌山。対照的に、山形勢として初の8強入りした日大山形や、横手投げ駒谷の好投が光った福知山成美などは投手を中心にまとまりがあった。投打のバランスがいかに重要か再認識させた。

 今大会、特筆されるのが本塁打の量産。通算60本。数々の本塁打記録を更新した。ライナー性の弾道がスタンドに届く異常な伸びが目を引いた。

 投手との力関係もあるが、筋力トレーニングや打ち込みでスイングスピードが格段に速くなったのも要因だろう。帝京―智弁和歌山戦のように終盤、一発で流れを変える試合が続出。展開の面白さはあるが、緻密(ちみつ)さより大味な野球に変わってきた。

 打球の速さは、マウンドの投手を脅かした。香川西の豊岡がよけきれず打球が直撃するなど、ひやりとさせられた。来春から低反発球が採用されるが、どれだけ効果が出るか見守りたい。

 四死球376、失策数125。ともにここ5年で最多を記録した。投手の制球不足に加え、内野手の悪送球が目立った。捕手の緩慢な動きから暴投となり、走者を進めるシーンも多かった。打撃向上に力を注ぐあまり、守りがおろそかだ。接戦を制するカギは、集中力と守備力。もう一度、見直して欲しい。(井上明)

■今大会の本塁打記録■

◇新記録

1大会60本塁打

1試合チーム5本塁打(智弁和歌山、対帝京)

1試合7本塁打(智弁和歌山5、帝京2)

◇個人

●2打席連続本塁打

馬場(智弁和歌山)=帝京戦の2、4回。通算21人目、22度目

●1試合2本塁打

吉村(福井商)=福岡戦/広井(智弁和歌山)=八重山商工戦/馬場(智弁和歌山)=帝京戦。通算42人目、44度目

●2試合連続本塁打(通算人数は3試合連続を含む)

野田(青森山田)=延岡学園、駒大苫小牧戦/船橋(早稲田実)=大阪桐蔭、福井商戦/林崎(東洋大姫路)=桐生第一、駒大苫小牧戦/広井(智弁和歌山)=八重山商工、帝京戦。通算54人目

◇チーム

●2者連続本塁打

謝敷、中田(大阪桐蔭)=横浜戦8回/中村、塩沢(帝京)=如水館戦8回/船橋、斎藤(早稲田実)=福井商戦6回。通算15度目

●1イニング2本塁打

謝敷、中田(大阪桐蔭)=横浜戦8回/山本、熊代(関西)=文星芸大付戦7回/大東、野田(青森山田)=延岡学園戦2回/中村、塩沢(帝京)=如水館戦8回/船橋、斎藤(早稲田実)=福井商戦6回/桑原、青野(今治西)=日大山形戦7回/馬場、上羽(智弁和歌山)=帝京戦4回。通算40度目

ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.