検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 第88回選手権 > 総合ニュース > 記事ここから本文エリア

高校野球総合ニュース

2人のエース、互いをたたえる 斎藤と田中

2006年08月21日

 9回2死、早稲田実の斎藤が打席の駒大苫小牧のエース田中に対し力を振り絞る。118球目。144キロの直球で空振り三振。両手を突き上げた斎藤を中心に早稲田実選手の歓喜がはじけた。

写真

駒大苫小牧―早稲田実 9回表駒大苫小牧2死、田中は三振に倒れ試合終了。投手斎藤、捕手白川

 4連投の斎藤はこの2日間、一人で296球を投げ抜いた。ピンチにも表情を変えなかった右腕が優勝にひたすら泣いた。「疲れはあった。でも人生最大の幸せな一日です」。昨夏、西東京大会準決勝で感情の起伏を突かれて打ち込まれコールド負け。以来、どんなことがあってもポーカーフェースを決めてきた。

 ピンチにも動揺が表に出ない理由を斎藤は「仲間を信じる心が余裕を生んだ」と明かす。6回に本塁打を許し1点差に追い上げられると、すかさず野手から「1点ぐらい取り返してやる」と声が飛んだ。その裏、言葉通りに味方が捕手白川の適時打で1点を加えた。

 チームの結束力を生んだ試合がある。今年3月31日。選抜大会準々決勝で横浜に3―13で完敗した。マウンド上で踏ん張る斎藤の姿を見て、チームは考えた。「走塁判断を磨いて、長打力のなさを補おう」。この日の7回2死二塁。4番後藤の左前安打で二塁走者の川西が判断よくホームへ滑り込んだ。「ぼくらの野球が出来た」と川西は胸を張る。

 第1回大会(15年)から参加し、王貞治・プロ野球ソフトバンク監督らが輩出した早稲田実。第11回(25年)と、荒木大輔(西武コーチ)を擁した第62回(80年)の2度、準優勝に終わった。その壁を越えた。「大先輩たちが成し遂げられなかったことをできてうれしい」。斎藤が喜ぶ。

 そんな歓喜に沸く早稲田実ベンチをじっと見つめる選手がいた。2日間で249球を投げた田中だ。「悔いはない」。淡々と語った。

 大会史上、2校目となる3連覇がかかった試合だった。3大会連続で決勝に進んだのは、7〜9回大会の和歌山中(現桐蔭)、3連覇した中京商、65〜67回の桑田真澄(巨人)と清原和博(オリックス)を擁したPL学園(大阪)、そして駒大苫小牧だけ。香田監督は「1回目より2回目、さらに3回目のほうが周りの意識もあり厳しかった」と言った。全国選手権の連勝は14で止まった。

 スタンドに人気が消えたころ、両校ベンチ前で胴上げが始まった。「同世代で一番いい投手」(斎藤)、「最後まで力を残すところにすごさがあった」(田中)。相手エースをたたえた2人の姿も、それぞれの輪にあった。

ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.