検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 第88回選手権 > 総合ニュース > 記事ここから本文エリア

高校野球総合ニュース

王監督「斎藤投手の熱投の一言に尽きる」 早実優勝で

2006年08月21日

 入院先の東京都内の病院でテレビ観戦した早稲田実OBのプロ野球ソフトバンク・王貞治監督は、「本当におめでとう。この優勝は斎藤投手の熱投の一言に尽きる。そして、昨日までの疲れなどすべてを超越した、チーム一丸となっての勝利です」とのコメントを球団を通じて出した。

 王監督は早実時代、春夏合わせて4度、甲子園に出場。春は優勝したが、夏は準々決勝進出が最高だった。特に3年夏は予選で敗退しており、後輩たちの偉業達成に大喜びだったという。「今はとにかくゆっくり休んでください」と、ねぎらいの言葉をおくった。

ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.