検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 第88回選手権 > 総合ニュース > 記事ここから本文エリア

高校野球総合ニュース

引き分け再試合、両エース胸のうちは

2006年08月20日

 5万人の観衆が、まだ日差しの強いスタンドを埋めつくしたままだった。延長15回2死、駒大苫小牧の遊撃手、三木が、早稲田実の後藤が打ち上げた飛球をつかんだ。37年ぶりの決勝引き分け再試合が決まった。ねぎらいと驚嘆。多くの観客が思わず席から立ち上がった。耳をつんざく拍手が整列する選手を包んだ。

 3回途中から救援した駒大苫小牧の田中は「雑にならないよう、辛抱強く投げました」と淡々と話す。1人で投げ抜いた早稲田実の斎藤も「球を低めに集めることだけを心がけました」と穏やかな表情で顧みた。

 投げ合いになった。8回、駒大苫小牧が三木の本塁打で均衡を破ると、その裏に早稲田実も後藤の中犠飛で同点。そのまま延長戦に入った。猛暑の中、歯を食いしばって体を酷使しているのに、神経をさえ渡らせて崩れない両エース。試合を見る目は次第に2人に引きつけられていった。

 延長11回。斎藤は1死満塁のピンチで、駒大苫小牧が仕掛けたスクイズを見抜いた。とっさにスライダーをバウンドさせてバントを外し、三塁走者をアウトにした。「(捕手の)白川がよく捕ってくれました」

 田中は延長13回、三ゴロを打って一塁に頭から滑り込んでいる。「公式戦では初めて。塁に出たかった」。その裏にあわやサヨナラ負けの場面を迎えた。2死二塁で暴投し、走者を三塁に進めた。2人を四球で敬遠し、満塁策をとった。

 「敬遠でボール球を続けて投げるときも気持ちを切らさないようにした」。最後は得意のスライダーを丁寧に配し、二ゴロ。くぐり抜けた。

 もうあとはない。15回に臨む選手が大歓声を浴びた。斎藤は2死を取って迎えた駒大苫小牧の4番本間篤に対し、初球、直球を投げ込む。スコアボードは「147キロ」を表示した。球場内がどよめいた。さらに140キロ台の直球を4球続けて投げ、最後はフォークボールで空振り三振。「最後になればなるほど球速が出る方なので」と斎藤。

 田中はつり込まれそうな自分を抑えた。「自分も、と思ったら投球が崩れる。いらない感情は抑えた」。最後のマウンド。1死から1人歩かせたが、動じなかった。

 「田中君は改めてすごい投手だと思った。対戦していて楽しかった」。そう話す斎藤は春の選抜大会2回戦、関西(岡山)戦でも15回を投げ、再試合で勝っている。

 球数は、田中が165球、斎藤は178球。これが21日に報われるのかどうか。「3連覇がかかっているなんて最初から頭にない」と田中。斎藤は「今日で高校野球は終わりのはずでしたが」。

 2人が続けた言葉は「もう1試合できるのはうれしい」だった。

ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

この記事の関連情報


ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.