検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 第88回選手権 > 地方大会 > 埼玉 > ニュース > 記事ここから本文エリア

父は元プロ、「応援うれしかった」 立教新座・鈴木捕手

2006年07月21日

 本塁の手前でワンバウンドした投球が後方にそれた。鈴木翔太捕手がマウンドに背を向け、ボールを取りに走った。

写真

立教新座の鈴木翔太捕手

 その間に三塁走者が本塁に駆け込む。1回裏、立教新座は東和大昌平に先制された。「1点」。これが決勝点となった。

 暴投と判定された。しかし、鈴木選手は「止めづらかったが、キャッチャーとして止めなきゃいけないボール」。要求した球はひざ元へのスライダーだった。

 父は、巨人や中日、西武などで内野手として活躍した鈴木康友さん。幼いころから野球は身近にあった。生まれたのは康友さんが中日時代の名古屋。小2から野球を始め、中2から捕手を務めるようになった。

 だが、高校で野球部に入部した当初、野球を続けるか迷ったことがある。中学時代とは違うレベル。「ついていけるのだろうか」ととまどった。1年の夏にはひじをけがし、練習できなかったこともあった。

 チームメート、両親に支えられ、気持ちを切り替えられた。康友さんも常々、「勝ち負けも大切。でも、高校野球は3年までやって良い仲間と野球ができる。それが一番大事なんだ」と、息子に言い聞かせた。

 この日もバックネット裏から観戦していた康友さん。9回表1死一塁、鈴木選手が打席に入る。観客からの声援に振り返ると康友さんの姿に気づいた。「うれしかった」。打った球は左飛に。後続も倒れ、チームは敗れた。1点が重く立教新座にのしかかった。

 鈴木選手は「自分の野球がこれで終わりになったという気にはなれない」。卒業後も野球を続けるつもりだ。

 試合後、康友さんは「いいプレーを見せてくれた。ご苦労様と声をかけてやりたい」と話した。

ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.