検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 第88回選手権 > 地方大会 > 岐阜 > ニュース > 記事ここから本文エリア

目を引く背中の「男の修行」 大垣日大の応援

2006年07月27日

 大垣日大の応援席で、ベンチに入らない野球部員全員のユニホームの背には、白地に濃紺の文字でプリント。「苦しい事もあるだろう、言いたい事もあるだろう」、そして「不満な事も、腹の立つ事も、泣きたい事も」と続く=写真。

写真

大垣日大の応援席。ベンチに入らない部員全員がこんなユニホームを着用=大垣

 阪口慶三監督の好きな言葉で、「これらをじっとこらえてゆくのが男の修行」と結ぶ。6月、全員で新調した。着用の機会は少ないが、3年の岡安裕也君(17)は「ここでの応援も修行です」。

ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.