検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 第88回選手権 > 地方大会 > 福岡 > ニュース > 記事ここから本文エリア

福工大城東、攻守に安定 熱戦を振り返る

2006年08月01日

 131チームが参加した福岡大会は、福岡工大城東が9年ぶり2回目の夏の甲子園出場を決めて閉幕した。大雨の中で繰り広げられた逆転劇や延長戦、炎天下の再試合など熱戦の数々にスタンドは大いに沸いた。4回戦以降を中心に振り返った。

写真

閉会式で優勝旗を先頭に行進する福岡工大城東の選手たち=北九州市民球場で

 福岡工大城東は、攻守の安定感で群を抜いていた。7試合のうち6試合に登板したエース梅野は失点3。独特の横手投げフォームからの球は相手打者の手元で伸び、バットの芯をはずさせた。

 準々決勝の久留米商戦、準決勝の筑陽学園戦は1点を争う投手戦に。好投を続ける梅野に打線が応え、好機に一打が出て勝利を呼び込んだ。

 準優勝の柳川は打撃の集中力で決勝まで進み、昨年優勝校の意地を見せた。終盤のビッグイニングで4点差をひっくり返した小倉戦などで勝負強さを見せた。

 筑陽学園は戸畑との延長15回引き分け再試合を制し、準決勝では福岡工大城東から今大会初めてリードを奪った。7試合を一人で投げ抜いたエース長岡は2年生、中軸打者の高木は1年生。これからに期待が持てる。

 初の4強進出を果たした飯塚は、坂本、岡田の2投手の踏ん張りで勝ち上がった。柳川戦で、9回に3本の二塁打などで1点差まで追い上げた粘りは素晴らしかった。

 雨に泣いたチームもあった。沖学園は飯塚戦で、同点で中断した試合が再開した直後にリズムを崩し、勝ち越しを許して敗れた。

 フレッシュな顔ぶれも健闘した。創部5年目の近畿大福岡は、夏に初めての1勝を挙げて快進撃し、初の4回戦進出。香椎工は好機に1年生の吉原が3点本塁打を放つなどして、31年ぶりに5回戦まで勝ち上がった。

 県高野連の山田慎介理事長は「どのチームも大会を通じ、積極的に点を取ろうとする気迫が見えて素晴らしかった」と評価した。

 一方で、犠打に対する守備の甘さや、中継プレーでのミスが多かったことを課題に挙げた。「優勝した福岡工大城東は、そうした基本がしっかりできていたことが勝因の一つ。他のチームも見習ってほしい」と話した。

ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.