スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

甲子園交流試合 出場校一覧

記録は昨秋の公式戦、今夏の独自大会は含まず

選択する
  • 白樺学園(北海道)

    白樺学園

    昨秋の北海道を制し、神宮大会でも4強に進出した。本格派右腕の片山は、昨夏の大会後に一塁手から転向したばかりだったが、急成長。攻撃では広角に打てる川波、細谷の1、2番コンビが出塁して、相手をかき回す。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 仙台育英(東北・宮城)

    仙台育英

    選抜大会が開催されていれば、優勝候補の一角だった。投手陣は強力で、安定感が光るエースの向坂、2年生左腕で一塁手も兼務する笹倉ら、昨秋の時点で6投手の球速が140キロを超えた。4番・遊撃の入江はプロ注目の好選手。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 鶴岡東(東北・山形)

    鶴岡東

    昨夏の甲子園では初の1大会2勝を挙げた。チームの始動は遅くなったが、昨秋は公式戦8試合で2失策と守備が安定。投手陣は7人が登板するなど競争が激しい。打線もチーム打率は4割を超え、下位まで穴がない。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 桐生第一(関東・群馬)

    桐生第一

    4番で主将の広瀬をはじめ、打線はどこからでも長打が出る。エースで左腕の宮下は、直球の球速こそ130キロ台前半だが、緩急と制球力を駆使して打たせてとる。本格右腕の蓼原は、母と同じロシア生まれの名投手、スタルヒンが目標。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 健大高崎(関東・群馬)

    健大高崎

    昨秋は神宮大会準優勝。積極的な走塁で相手を混乱に陥れる「機動破壊」でおなじみだが、今年は投手陣も強力。キレのある直球に加え、スライダーも鋭いエース左腕の下、190センチの長身から投げ下ろす橋本拳ら、複数投手を擁する。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 花咲徳栄(関東・埼玉)

    花咲徳栄

    打線は強力。昨秋の公式戦は1番から3番までが打率4割を超えた。そして4番には1年生から甲子園を経験してきた高校通算47本塁打の強打者、井上が控える。下位打線も力強く、どこから攻撃が始まっても相手投手に圧力をかける。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 国士舘(東京)

    国士舘

    昨秋の都大会は6試合すべてで、各打者の調子や、相手投手の特徴を見極めて3番・清水以外の打順を組み替えた。エース中西は準決勝、決勝と連続完封で、防御率も1点台。鎌田、黒沢ら昨春の選抜大会経験者も多い。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 東海大相模(関東・神奈川)

    東海大相模

    豪快な打力に積極果敢な走塁を絡める「アグレッシブ・ベースボール」がチームのモットー。昨年は2年生ながら高校日本代表に選ばれた鵜沼、高校通算44本塁打の山村、同53本塁打の西川と、超高校級の打者をそろえる。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 山梨学院(関東・山梨)

    山梨学院

    昨秋の関東大会で準優勝。送りバントや盗塁など、機動力をからめたつなぐ野球が身上で競り合いに強い。4番の栗田は1年生から正捕手で、大舞台の経験も十分。エース左腕の吉川は制球よく打たせてとる。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 加藤学園(東海・静岡)

    加藤学園

    選抜、選手権を通じても、初めての甲子園となる。昨秋は東海大会4強、「神宮大会枠」がこの地区にもたらされ、切符をつかんだ。エース肥沼は完投能力に優れる。杉山、大村らの機動力を絡めた攻撃も持ち味だ。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 中京大中京(東海・愛知)

    中京大中京

    昨秋の神宮大会を制した世代王者。エースの高橋は球威だけでなく、カットボールやツーシームも駆使する注目右腕。中堅の西村は昨秋の公式戦で最多7本塁打を放った。伝統の立ち襟ユニホームを甲子園で披露する。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 県岐阜商(東海・岐阜)

    県岐阜商

    終盤の粘り、32校中トップタイの1試合平均3.25の盗塁数。試合巧者の鍛治舎監督が母校をユニホームとともにリニューアルさせて甲子園に戻ってくる。右腕・森、左腕・野崎を中心に豊富な投手陣も強みだ。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 日本航空石川(北信越・石川)

    日本航空石川

    持ち味の強打に加え、バントやエンドランなど機動力もからめ攻撃の幅が広がった。投手は田中、嘉手苅(かてかる)の二枚看板。昨秋は県、北信越大会ともに県のライバル星稜に敗退。ともに出場する甲子園で輝きたい。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 星稜(北信越・石川)

    星稜

    昨夏の全国選手権大会準優勝校。プロ入りしたバッテリーが抜けても、昨秋の北信越大会を2連覇した。知田、内山ら昨夏のメンバーが中軸を担う打線は強力。荻原、寺西の両右腕が安定している投手陣は層も厚い。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 大阪桐蔭(近畿・大阪)

    大阪桐蔭

    平成の王者が令和初の甲子園に臨む。大阪のライバル校・履正社とそろって出場。昨秋は府大会決勝で延長10回、競り勝った。近畿大会は準優勝。中軸の西野はこの大会で明石商(兵庫)の中森から本塁打を放った。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 履正社(近畿・大阪)

    履正社

    昨夏に初の全国制覇。その経験値があるエース岩崎を軸に投手層は厚い。打線も出場校中トップのチーム打率4割2分5厘。府勢の大阪桐蔭との対決は今回の甲子園では実現しないが、レベルの高いプレーが期待できる。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 明石商(近畿・兵庫)

    明石商

    昨年、春夏連続で甲子園4強入りと台頭著しい。投打に柱がいる。投手は全国屈指の右腕・中森。打は主将の来田。ともに大舞台の経験は十分。バントを多用する狭間監督の采配も健在で、バランスのとれた好チームだ。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 天理(近畿・奈良)

    天理

    昨秋は県3位から近畿大会を制し、神宮大会では優勝した中京大中京(愛知)と9―10と打ち合った。公式戦12試合で20本塁打は出場32校で最多。投手力はエースの庭野、左腕・吉岡に加えて長身の達ら底上げができた。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 智弁学園(近畿・奈良)

    智弁学園

    昨秋の県大会を制したが、近畿大会は4強止まり。優勝した県勢のライバル天理が下した大阪桐蔭に敗れた。投手陣は2年生・西村と荒川の両左腕が軸。打線の中心も2年生の前川で、昨秋は6本塁打などチーム三冠王。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 智弁和歌山(近畿・和歌山)

    智弁和歌山

    2017年の夏から甲子園での大会に出場し続ける。「強打」は健在で、昨秋の近畿大会準々決勝では兄弟校の智弁学園(奈良)と13―17の壮絶な打撃戦を繰り広げた。投手陣には148キロ右腕の小林ら、好素材も多い。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 鳥取城北(中国・鳥取)

    鳥取城北

    昨秋のチーム打率は3割6分6厘。長打は少ないが、しぶとい打撃が光る。1番畑中、2番藤元、3番河西と走れる打者を上位に並べ、8試合で26盗塁を記録した。守りでは、競争の激しい投手陣が継投でつなぐ。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 倉敷商(中国・岡山)

    倉敷商

    昨秋は左腕永野、右腕福家の継投で中国王者に。12試合8失策と守備が堅い。打線には小柄な打者が多いもののスイングは鋭く、低く強い打球で長打を狙える。なかでも、2番を打つ主将の原田の勝負強さが光る。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 広島新庄(中国・広島)

    広島新庄

    堅守が持ち味。エースの秋田、2年生の秋山と左腕が充実。秋山は昨秋の12試合のうち10試合に登板し、経験を積んだ。左打者の多い打線は三振が少なく、粘り強い。主将の下は昨秋、打率5割7分8厘をマークした。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 尽誠学園(四国・香川)

    尽誠学園

    昨秋は四国2位。全試合に登板したエース左腕の村上が粘り強かった。守備ではセンターラインが安定しており、接戦に強い。攻撃は終盤の得点力が光る。勝負強い4番仲村の前に走者をためたい。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 明徳義塾(四国・高知)

    明徳義塾

    昨秋の四国王者。制球力抜群の左腕新地や二遊間を組む今釘、米崎と、昨夏の甲子園経験者が多く残り、守備は堅い。攻撃では俊足巧打の鈴木、奥野が上位に並び、好機を作る。中軸を打つ新沢の勝負強さにも注目だ。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 創成館(九州・長崎)

    創成館

    投手層の厚さが光る。昨秋はタイプが異なる7投手を起用しながら、九州4強。エース左腕の白水は8試合に登板して防御率1.45と安定感を見せた。細かい継投で粘り強く戦い、ロースコアの展開に持ち込む。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 大分商(九州・大分)

    大分商

    エースで主将の川瀬は昨秋、最速147キロの直球を武器に防御率1.68をマーク。5試合完投とスタミナもあり、完成度の高い好右腕だ。攻撃では、一発のある1番渡辺温が打線を引っ張る。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 明豊(九州・大分)

    明豊

    昨秋の九州王者。10試合で115得点と強打は健在。長打のある打者が切れ目なく並ぶ打線のなかでも、3番布施の勝負強さが際立つ。守りは、昨春の選抜4強入りに貢献したエース左腕の若杉の出来にかかる。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 鹿児島城西(九州・鹿児島)

    鹿児島城西

    プロ野球元ダイエーなどで活躍した佐々木誠監督が率いる。秋は八方、前野のダブルエースの力投で九州4強入り。両右腕とも完投能力があり、八方は防御率1.47、前野が同0.84と安定感が光った。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 帯広農(21世紀枠・北海道)

    帯広農

    昨秋の道大会では、チーム打率4割4厘、53打点と活発な打線で4強入り。先行逃げ切りが勝ちパターンで、主に1番を打つ千葉俊は出塁率が高い。校内で搾乳した牛乳、栽培した大豆を使った「きな粉牛乳」がパワーの源。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 磐城(21世紀枠・福島)

    磐城

    チームの柱は主将で捕手の岩間。昨秋は公式戦、練習試合の通算打率が4割を超えた。エースの沖は昨秋の公式戦で防御率が0.90と安定。140キロ台の直球のほか、カーブ、スライダー、チェンジアップなど6種類の変化球を操る。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真

  • 平田(21世紀枠・島根)

    平田

    制球力の高いエース右腕の古川が中心。「攻めの守備」を合言葉に、野手が守備位置を積極的に動かす。昨秋は中国8強。今春の選抜には地元での野球普及活動も評価され、21世紀枠で選出された。

    紹介動画

    紹介動画

    試合写真

    試合写真